ISO27001取得は顧客からの信頼度アップのきっかけ

ISMSの範囲と方針

ネット

企業を宣伝するにあたって、どういう利点を売り出すかというのは非常に悩むところですね。企業の独自性をアピールしても良いですが、公的に認められる認証も存在します。その中の一つ「ISMS、ISO27001」についてお伝えします。

読んでみよう

セキュリティのリスク低下

パソコン操作

何らかの情報を扱う業務を行う企業が是非取得しておきたいのがISO27001でしょう。ISO27001はISOで規格されている情報セキュリティに関する国際規格の1つです。ISO27001では様々な情報の取り扱いに関する内容が盛り込まれていて、取得することで適切な情報の扱い方が出来るという信頼を得やすくなります。ネット社会に入り情報が持つ意味合いや価値は年々高まってきていて、情報を扱う機会自体も増えてきています。情報を扱うという業務をするということは同時にリスクも抱えるということになり、リスクヘッジの目的でもISO27001取得を積極的に行う企業が増えてきています。
ISO27001の取得で得られる信頼やメリットは非常に多く、一番はやはり顧客や社会的に情報の扱い方に対して信頼を得ることが出来る、また透明性を維持することが出来るという点です。信頼以外でも企業で働く社員に対し情報リテラシーを学ぶ機会を与える、また徹底して管理することを義務付けることが出来る様になります。これによって情報が流失してしまうというリスクを低減させることも出来ますし、乱雑する情報管理を一本化することが出来るという魅力もあります。ISO27001を始めISOの取得をするためには審査が必要ですが、この審査は一回きりではありません。1年に一回の場合もあれば数年に一回の場合もあり、継続して取得したい場合は常に統制を維持する事も必要になります。ISO27001取得して数十年維持しているという企業はそれだけでステータスがあるでしょうし、情報管理に対して有利なイメージを与えることが出来ます。勿論タダのイメージだけではなく実際に情報管理を徹底し、企業内文化として定着させることも出来ます。国際的な取引を行う時は国内取引よりも更に情報管理が徹底する必要がありますが、ISO27001は国際規格なため海外との取引で別途新しい情報管理を用意しなければならない事もありません。IT企業は勿論のこと、顧客情報を扱う場合や流失しては困る情報を沢山保有している場合でもISO27001の取得はしておきたいでしょう。

自動認識が優秀

システム

不正接続防止システムを利用すると想定外のデバイスによる通信をリアルタイムでチェックすることが出来ます。低レベルで通信の制限を施すことが出来るため二次被害を受ける可能性を最小限にすることが出来るようになります。

読んでみよう

会社にとってのメリット

PC操作

ISO27001を習得しておけば、従業員や社員との距離も縮めることができるでしょう。さらに、顧客の信頼度をより高くしてくれるので、会社経営にも大きく関わってくるのです。

読んでみよう